トップページ > 失敗しない電球の選び方ガイド

3つのポイントで解説!失敗しない電球の選び方ガイド

「お店の電球が切れたけど、たくさん種類があり過ぎて、どれを買えばいいの?」と困ってしまったことは、ありませんか?
電球を買い替える際のポイントを解説します! ご購入前に必ずチェックしましょう。

point 1 口金のサイズをチェック

口金とは、電球の根本の照明器具と接続する部分のことです。
電球の根元の口金部分に「E17」や「E26」などと表示があります。もし見にくい場合は、口金部分の直径を測りましょう。

point 2 明るさをチェック

現在使用している電球のW(ワット)数を調べます。 電球のガラス部分やパッケージに記載されている ので、あらかじめ確認しましょう。

一般電球からLED電球に買い替える場合…

LED電球の場合は、ワットではなくルーメンという単位を使います。
LED電球に買い替える場合、明るさの目安は下記の表を参考に選んでください 。

(社)日本照明工業会の「電球形LEDランプ性能表示等のガイドライン」では、明るさでLED電球と比較する一般白熱電球や 小型電球のW数に相当するルーメン値が示されました。
一般白熱電球からのお取り替え

小型電球からのお取り替え
各ルーメン値に相当する商品が入手できることを保証するものではありません。該当する明るさのLED電球が入手できるかどうかは、 各メーカーのホームページなどでご確認ください。

point 3 取付け照明器具の直径をチェック

傘付きのスポット器具や埋め込み照明の場合は、
口金が同じでもランプ本体の形状によって装着できない場合があります 。

お店の雰囲気を変える照明テクニック

光色には下記の種類があります。
それぞれの色には特徴があり、売り場の印象や商品の見え方が大きく左右されます。

  1. 飲食・高級服飾 電球色

    やわらかさ、落ち着き、高級感を演出したいシーンでご使用ください。

  2. 衣料・雑貨 昼白色

    にぎやかで、ナチュラルな雰囲気の売り場に最適です。

  3. コスメ・電化製品 昼光色

    さわやかで、涼し気な雰囲気を演出したいときにお使いください。

ご注意ください LED電球・器具の取扱いについて
LEDランプ・器具の寿命は設計寿命(設計上の寿命)です。製品の寿命を保証するものではありません。使用環境・使用状況により、寿命は短くなることがありますので、予めご了承ください。(保証期間1年)

  • 次のような器具にはご使用になれません。
    • ●調光(明るさを調節できる)機能のついた器具や回路(100%点灯でも使用不可)
      ※調光器対応ランプは除きます。
    • ●リモコンのついた電球器具や回路(適合表示器具を除く)
    • ●誘導灯、非常用照明器具
    • ●断熱材施工器具【SB.SGI.SG形表示器具】(適合表示器具を除く)
      (このほか使用器具の種類によって寸法的、熱的、その他の状況により使用できない場合があります。)
  • 以下の環境で絶対に使用しないでください。
    • ●水滴などのかかる場所(防水適合表示商品を除く)
    • ●直流電源
  • 省電力回路の使用により、電圧が100V未満となっている場合は、点滅・または不点灯となる場合があります。
  • 昇圧トランスが入っている場合、LED電球自体の消費電力が低すぎて電気が回路に流れない場合があります。
  • 高温多湿な環境でのご使用は避けてください。
  • 同じ型名商品でも、LEDチップの個体差により、照度や色温度の違いが見られる場合があります。
特集一覧を見る