什器相談フェア
トップページS OU I【ソーイ】 「ストエキ お店づくりの情報発信」 > case1 株式会社フタバスポーツ様

case.1 ディスプレイを変更し、 新たな顧客開拓へとつなげる。 株式会社フタバスポーツ朝霞本店 店長 並木 宏之さん

2015年11月20日、フタバスポーツのフラッグシップショップとしてオープンしたフタバスポーツ朝霞本店。従来の店舗とは異なるディスプレイで新規顧客を開拓し、評判も上々だそうです。
そのディスプレイ方法と、ストア・エキスプレスがお手伝いした事例をご紹介します。

今までのスポーツ店よりカッコよくしたい。
それがオープン時のテーマのひとつ。


−昨冬、フタバスポーツ朝霞本店をオープンされました。まずは、その経緯をお教えください。

すぐ近くにある朝霞サッカー館が、これまでの朝霞店でした。小・中学生をメインターゲットとしていましたが、ウォーキングやトレーニングなどのフィットネスをされる40代から60代のお客様が増えるにつれ、取り扱う商品の幅も広がっていきました。これにより手狭になった既存店を、思い切って朝霞サッカー館へリニューアルし、商品を総合的に扱う新店舗として、サッカー館から徒歩圏内の場所に朝霞本店をオープンしました。

−新しくオープンされた朝霞本店のコンセプトやこだわりについてお聞かせください。

“今までのスポーツ店よりもカッコ良くしたい”。これがテーマのひとつでした。アパレルショップとまではいかなくても、スペースが狭くて平積みになっていた商品をもっと魅力的に見せたいという思いがあったのです。従来通りのディスプレイでは、他店との差別化ができません。思い切ってこれまで使用していなかった什器を使いたいと、ストア・エキスプレスに相談したところ「ラテラル・フォー」という什器をご提案いただきました。

洗練されたデザインと機能性。
それらを兼ね備えた「ラテラル・フォー」。


−数ある什器のなかでも、なぜ「ラテラル・フォー」を選ばれたのでしょうか?

まず、デザインが洗練されているということ。シンプルなブラックのフレームとラスティック柄の木板のコンビは、従来のスポーツ店ではあまり見られないスタイリッシュな印象でした。そして高さがあるので、壁面に掛けて商品を見せられるという点も気に入りました。これまで平積みだった商品をハンガー掛けにしたり、今までしてこなかったマネキンに商品を着せてディスプレイしたり、お客様への訴求力が格段にアップしました。特にファッション的な見方もする40歳以上のお客様からの反響が大きいです。ディスプレイしているコーディネート一式をご購入いただくケースも増えていますね。野球やバスケットボール、テニスなどの競技用具は機能面を重視される傾向にありますが、フィットネスやトレーニングウェアはデザインにこだわりをお持ちのお客様が多いこともあり、大きな効果を発揮しています。

−デザイン以外で感じられた「ラテラル・フォー」の魅力をお教えください。

洋服を掛けるセンターバーの位置を調整できるので、店舗レイアウトによっては真ん中にバーを設置して両面から商品を見せられます。また片面が塞がってしまう配置には、バーを通路側に寄せることで、レイアウトの自由度が上がるのが良い。他にはカラーバリエーションが豊富なので、野球コーナーはブラック、テニスはホワイトといったように競技ごとのエリアで使い分けています。

Lateral.4(ラテラル・フォー)

シンプルなデザインと機能美を追求した、汎用性の高いシリーズ「ラテラル・フォー」。フタバスポーツ様で主に使用している中央タイプは、ホワイト、ブラックの2つのカラーに加え、天面が6種類から選べるなど、圧倒的なバリエーションも魅力。壁面タイプや木製ステージなどのタイプも好評です。

>> Lateral.4についてはこちら

どんなことでもフレキシブルに対応してくれる。
それがストア・エキスプレスの頼もしさ。


−その他に導入されているストア・エキスプレスの什器はございますか?

ストア・エキスプレスには施工の一部も担当していただきました。例えば先ほどお話したマネキンもそうですし、入り口のレジカウンターやショップカラーであるオレンジを基調にした別注モデルにもご対応いただきました。それにカウンターも競技ごとのエリアで異なるクロスを使用しています。野球エリアのカウンターにはメジャー(巻尺)柄のクロスを使っていて、メジャーリーグと掛けてみました(笑)。昔からストア・エキスプレスには備品やギフト袋などを依頼するなど、長いお付き合いです。フレキシブルでスピーディな対応をしてくれるので、トラブルもほとんどありません。今回のような大きな取り組みは初めてでしたが、ストア・エキスプレスの対応力はこれまでとまったく変わることなく、本当に頼もしく感じました。

この取り組みをきっかけとし、
新しいフタバスポーツを築きたい。

−最後に、朝霞本店のオープンから今日までに実感したことをお聞かせください。

これまでフタバスポーツでは、スペースを確保してディスプレイをすることよりも、商品点数をたくさん並べることに重きを置いていました。しかし、本店ができてからは、以前からのお客様に「今までのフタバスポーツとは雰囲気が変わってオシャレになった」というお声をいただくようになりました。そういうこともあって、この朝霞本店を皮切りにお客様が抱かれているスポーツショップのイメージを良い意味で裏切りたい。これからもストア・エキスプレスのお力を借りて、どんどんアップデートしていこうと考えています。

今回のおすすめ!活用術

コーディネート一式のご購入につながったというマネキン。こちらの座りタイプ以外に、女性や子どもタイプ、さらには関節可動タイプなど、豊富なバリエーションも魅力です。

備品のサポートもストア・エキスプレスの強み。落ち着いた質感と幅広いサイズ展開で人気の包装袋は、全5色展開。合わせるリボンも多彩な種類を揃えています。

SHOP INFORMATION

フタバスポーツ朝霞本店

毎週末には、2階の多目的ホールで加圧トレーニングをはじめとしたイベントを開催するなど、広大なスペースを活かした取り組みも朝霞本店ならでは。近くには、朝霞市立総合体育館、朝霞市中央公園陸上競技場、朝霞市中央公園野球場、青葉台公園テニスコートがあります。

ストエキ お店作りの情報発信 お店の活性化の秘密やストア・エキスプレスの活用法をお聞きしました!

特集一覧を見る